ページトップへ

PCN北はりまとは?

 

PCN北はりまは、「すべてのこどもたちにプログラミングを」をコンセプトに国内外で活動するプログラミングクラブネットワーク(PCN:本部/福井県)に賛同し、その活動を兵庫県北播磨地域で展開することを目的に2018年1月に発足しました。

PCNは、こども用プログラミング専用パソコン「IchigoJam」の開発者を中心メンバーとして、プログラミングの普及啓発、教育支援および政策提言を行い、各地で連携して活動を広めていく組織として設立され、プログラミングを楽しく学べる場を各地で常設し、こどもたちが自ら広く学べる環境づくりを目標に活動を展開しています。

 

PCNについての詳細はPCNホームページへ

 

PCN北はりまの思い

 

 

プログラミング経験が必要とされている理由の一つに、将来のさまざまな分野での人材不足があります。

今後ますます生活と密接となるIT機器やサービスに対して、それらを開発する人材や開発ノウハウを指導教育する人材は大きく不足するとされています。

PCN北はりまとして、将来、特に地元で活躍する人材の育成に寄与できればと思っています。

一方、プログラミング経験は技術の習得だけが目的ということではありません。

日常生活、社会生活においても、子どもたちの思考形成に役立つものと考えています。

今、世界に目を向けると子どものプログラミング教育は活発です。

日本でもここ数年、テレビや新聞で子どものプログラミング教育が取り上げられることが多くなり、2020年からは小学校でのプログラミング教育も必修化となりました。

しかしながら、実際に子どもたちがプログラミングに気軽に触れられる機会はそう多くありません。

PCN北はりまでは、地域でのレンタルスペースや公民館、学校などでプログラミングワークショップを開催し、子どもたちに楽しくプログラミング体験を提供するとともに、地域における人材育成に寄与したいと考えています。

 

PCN北はりま フライヤー(PDF)2018年10月現在

 

ワークショップのご依頼

PCN北はりまでは、ご要望がありましたら各地に出向き、プログラミングワークショップを開催いたします。

こちらのページからお気軽にお問い合わせください。

 

活動メンバー・協賛企業 募集中

PCN北はりまで共に活動して頂けるメンバーを募集中です。

ワークショップの際に子どもたちのプログラミングをサポートし、いっしょに楽しい時間を過ごします。
お気軽にご参加ください。

また、CSR活動の一環として、ご協賛や従業員の方の派遣による人的サポート、ワークショップ会場の提供など、企業としてサポートいただける場合は、本ページへの掲載などPR枠を設けます。

こちらのページからお気軽にお問い合わせください。

 

PCN北はりま 運営窓口

マックスブレインコンピュータサービス内 〒673-1431 兵庫県加東市社1738-49 TEL.0795-42-4606

http://www.maxbrain.ne.jp