ページトップへ

教材について

こどもパソコン「IchigoJam」

 

 

こどもプログラミングの教材は、「Scratch」や「プログラミン」などいくつかありますが、

PCN北はりまではプログラミング教材として、こども用プログラミング専用パソコン「IchigoJam」を主に使用します。

2014年に福井県で誕生した「IchigoJam」は、初心者向けプログラミング言語BASIC(IchigoJam BASIC)を搭載し、キーボード、ディスプレイ、電源を接続するだけですぐにプログラミングできる小さくて手軽なパソコンです。

モーターやLEDなどハードウェアの制御も可能で、プログラムを通して体験できることは見た目以上に大きいです。

余談ですが、30代後半以降の方の中には「IchigoJam」のプログラム画面を見るとピンとくる人もおられると思います。

そうです。「IchigoJam」は1980年代に一世風靡したMSXを始めとする8ビットパソコンを思い起します。プログラムを作っては雑誌に投稿してましたよね!

ということで、今の子どもも、かつての子どもも楽しめる「IchigoJam」でプログラミングを体験してみてください。

※IchigoJamは株式会社jig.jpの登録商標です。

 

IchigoJamについての詳細はIchigoJamホームページへ

 

IchigoJamでプログラミングするときに必要なもの

 


IchigoJam本体


PS/2規格に対応したUSBキーボード


AVケーブル(コンポジット端子)


AV入力に対応したディスプレイ(ご家庭のテレビも可)


マイクロUSB端子に対応したACアダプタ(スマホの充電器を流用可)

 

入手方法

上記のいずれもインターネット通販などで入手が可能です。

PCNのショップページもご利用ください。

もちろん、PCN北はりまでも取り扱いますので、お近くの方はお気軽にお問い合わせください。